プログラム詳細

7.19 [Fri]桜の間

13:00-14:30

Basic

座長:

  • 木下 順久 (豊橋ハートセンター)
  • 華岡 慶一 (華岡青洲記念 心臓血管クリニック)

演者:

  • 分枝部病変治療に使える、心臓CTを利用した灌流領域評価
    角辻 暁 (大阪大学)
  • やむを得ず2ステントが必要な症例に適したステント術を考える
    ~病変?プラットフォーム?術者のこだわり?~

    挽地 裕 (佐賀大学)
  • 至適 vs 準至適分岐部ステント術 ~本当はどちらでもいいんじゃないの?冠動脈のフローシミュレーターからの考察~
    岩﨑 清隆 (早稲田大学理工学術院)
  • Stent 工学によるプラットホームの特徴
    山本 匡 (北海道循環器病院)

14:40-16:00

Advanced

座長:

  • 中村 淳 (新東京病院)
  • 挽地 裕 (佐賀大学)

演者:

  • 日本流分岐部病変の治療戦略の意義を考える ~Jailed Corsair Registryからの洞察~
    沼澤 洋平 (足利赤十字病院)
  • 分岐部病変に対する至適プラットフォームの追求 ~This is LINK~
    鹿島 由史 (札幌心臓血管クリニック)
  • 回旋枝入口部の治療はこれで決まり! ~もういらんことは止めましょう~
    三友 悟 (新東京病院)
  • OCT guided bifurcation stenting ~3D OCT guided bifurcation registryから見えてきたもの、期待されるもの~
    岡村 誉之 (山口大学)
  • 分岐部を語るならここまでこだわれ ~POT+side branch dilatationで変わるアウトカム~
    村里 嘉信 (九州医療センター)
  • 症例から学ぶ:分岐部病変に対するステント術
    宮下 裕介 (長野赤十字病院)

16:50-17:40

Moderated ポスターセッション

座長:

  • 木下 順久 (豊橋ハートセンター)
  • 挽地 裕 (佐賀大学)
  • 村里 嘉信 (九州医療センター)

演者:

  • 我々の新しい modified jailed balloon technique によってステント近位側の解離やPOTの必要性を減らすことができる
    田頭 達 (北播磨総合医療センター)
  • 左主幹部から左回旋枝へのPCI 時に、ガイドワイヤーが分岐部をショートカットした場合の対処法
    横田 裕之 (済生会宇都宮病院)
  • Comparison of clinical adverse event incidence between proximal optimization and kissing balloon technique after stent implantation for coronary bifurcated lesion
    河村 洋太 (東海大学医学部付属八王子病院)
  • 3D OCT における Bifurcation angle が側枝に対する KBT 施行後のincomplete stent appsition に与える影響
    西村 傑 (周東総合病院)
  • 左前下行枝入口部病変に対するステント留置法が予後へ与える影響の検討
    兵働 裕介 (君津中央病院)

18:30-19:50

サテライトシンポジウム
分岐部病変の治療戦略を考える

座長:

  • 木下 順久 (豊橋ハートセンター)

演者:

  • 中津スタイルの OFDI Tips for Calc & Bifurcation
    名越 良治 (大阪府済生会中津病院)
  • OPTIMUM study の最新データ
    岡村 誉之 (山口大学)
共催: テルモ株式会社
7.19 [Fri]楓の間

16:10-16:40

ポスターセッション Ⅰ

グループ A

座長:

  • 岡村 誉之 (山口大学)

A-1

  • 左主幹部のspasmをともなう、左前下行枝近位部に高度狭窄病変を認めた失神の1例
    古谷 元樹 (広島赤十字・原爆病院)

A-2

  • 急性心不全を合併した左主幹部分岐部複雑病変に対し、心不全の安定化を優先させ血行再建を施行した1例
    加瀬 真弓 (新潟大学医歯学総合病院)

A-3

  • 側枝閉塞回避のためにロータブレーター後に modified jailed balloon technique を行った2症例
    兵庫 匡幸 (京都第一赤十字病院)

A-4

  • A case of useful pre-KBT using scoring balloons for severe calcified lesions of the LMT bifurcation
    福田 正 (聖隷横浜病院)

A-5

  • LMT-LAD 病変を有する Af アブレーション予定患者に対し DCA を施行しステント留置を回避しえた1例
    児玉 隆秀 (虎の門病院)

A-6

  • Left main distal true bifurcation を stentless で治療した1例
    関 淳也 (滋賀県立総合病院)

グループ B

座長:

  • 鹿島 由史 (札幌心臓血管クリニック)

B-1

  • LMT true bifurcation lesion に対して Rotablator を用いることでsingle stent + KBT で仕上げることができた一例
    櫻井 将之 (おおたかの森病院)

B-2

  • Aggressive Lesion Modification to Avoid Two-stent Strategy in Shallow Angled Calcified Bifurcation
    福原 怜 (兵庫県立尼崎総合医療センター)

B-3

  • 当院にて左主幹部分岐部病変に対して方向性冠動脈粥腫切除術を用いて治療を行った症例の報告
    宇津 賢三 (兵庫県立姫路循環器病センター)

B-4

  • 2か所の分岐部病変に対し DCA を用い良好に治療しえた一例
    佐々木 雄一 (東京医科大学病院)

B-5

  • 左前下行枝と対角枝の分岐部病変に対し LacrosseNSE と SeQuent Please で KBT を行った1例
    仁井田 崇志 (東京医科歯科大学医学部附属病院)

B-6

  • LMT の高度石灰化病変に対して Rota アブレーション・DCB 治療1か月後のfollow up CAG にて心筋虚血が改善した症例
    中田 雅也 (仁生社 江戸川病院)

17:50-18:20

ポスターセッション Ⅱ

グループ C

座長:

  • 栗山 根廣 (宮崎市郡医師会病院)

C-1

  • 高度石灰化を伴う LMT 分岐部+ACS 症例で、Strategy の構築に難渋した1例
    橋詰 直人 (南長野医療センター篠ノ井総合病院)

C-2

  • LMT-LAD へ PCI を施行し、HL 閉塞を起こしたことにより完全房室ブロックを生じた1例
    西田 裕明 (済生会宇都宮病院)

C-3

  • Stent 留置で回旋枝閉塞を来した左主幹部急性心筋梗塞の一例
    網﨑 良佑 (鳥取大学医学部附属病院)

C-4

  • 大動脈基部置換術後急速に左主幹部狭窄が進行し PCI を行った1例
    陳 博敏 (大阪府済生会野江病院)

C-5

  • LMT ステント留置後に no reflow となった超高齢心筋梗塞症例
    近藤 正輝 (岩手県立中央病院)

C-6

  • LMT ステント後にヘパリン誘発性舌動脈出血を来した高齢者の一例
    藤原 秀臣 (虎の門病院)

グループ D

座長:

  • 山田 愼一郎 (北播磨総合医療センター)

D-1

  • 側枝へのワイヤー挿入方法を選択するための OCT 長軸画像の有用性
    渡邉 真言 (奈良県立医科大学)

D-2

  • 慢性期に stent recoil を OCT で明瞭に観察できた LMT trifurcation の1例
    井ノ口 安紀 (富山赤十字病院)

D-3

  • Lotus root appearance を呈した LCx 分岐部病変に対する PCI に OCT が有用であった1例
    山崎 真也 (洛和会音羽病院)

D-4

  • 左主幹部より冠動脈解離を起こし、ダブルルーメンカテーテル(DLC)により、真腔を捕え Bail out した1症例
    嶋津 孝幸 (京都九条病院)

D-5

  • 左冠動脈主幹部分岐部病変に冠動脈瘤を合併した症例に対し、Tstent+コイル塞栓術で治療した一例
    橋本 幹史 (心臓病センター榊原病院)

D-6

  • 右冠動脈末梢の分岐部病変の PCI において SASUKE の先端チップが離断した一例
    奥山 虎章 (東京慈恵会医科大学附属柏病院)
7.20 [Sat]桜の間

8:30-10:00

第1部 ライブデモンストレーション

座長:

  • 中村 淳 (新東京病院)
  • 平瀬 裕章 (高岡みなみハートセンター みなみの杜病院)

オペレーター:

  • 鹿島 由史 (札幌心臓血管クリニック)

OCTコメンテーター:

  • 安藤 博彦 (愛知医科大学)

コメンテーター:

  • 岡村 誉之 (山口大学)
  • 髙木 健督 (大垣市民病院)
  • 名越 良治 (大阪府済生会中津病院)
  • 沼澤 洋平 (足利赤十字病院)
  • 山田 愼一郎 (北播磨総合医療センター)
  • 山脇 理弘 (済生会横浜市東部病院)
共催: 日本ライフライン株式会社

10:00-10:20

モーニングセミナー
Resolute OnyxTM の特徴と分岐部病変における有用性

座長:

  • 木下 順久 (豊橋ハートセンター)

演者:

  • Resolute OnyxTM の特徴と分岐部病変における有用性
    名越 良治 (大阪府済生会中津病院)
共催: 日本メドトロニック株式会社

10:20-11:50

第2部 ライブデモンストレーション

座長:

  • 華岡 慶一 (華岡青洲記念 心臓血管クリニック)
  • 挽地 裕 (佐賀大学)

オペレーター:

  • 村里 嘉信 (九州医療センター)

ミニレクチャー:

  • 分岐部病変に対する至適バルーンの選択と活用方法について(仮)
    岡村 誉之 (山口大学)

コメンテーター:

  • 岩﨑 清隆 (早稲田大学理工学術院)
  • 栗山 根廣 (宮崎市郡医師会病院)
  • 塩出 宣雄 (広島市立広島市民病院)
  • 中尾 文昭 (山口県立総合医療センター)
  • 平瀬 裕章 (高岡みなみハートセンター みなみの杜病院)
共催: 株式会社カネカメディックス

12:00-13:00

ランチョンセミナー
LMT Bifurcation治療の総論・結論

座長:

  • 岡村 誉之 (山口大学)
  • 木下 順久 (豊橋ハートセンター)

演者:

  • Single Stent KBI後のステント動態と最適な拡張法
    挽地 裕 (佐賀大学)
  • 左主幹部治療アップデート ~ガイドライン2018改定をふまえ〜
    髙木 健督 (大垣市民病院)
共催: アボット バスキュラー ジャパン株式会社

13:10-14:40

第3部 ライブデモンストレーション

座長:

  • 鈴木 孝彦 (豊橋ハートセンター)
  • 村里 嘉信 (九州医療センター)

オペレーター:

  • 志手 淳也 (大阪府済生会中津病院)
  • 名越 良治 (大阪府済生会中津病院)

ミニレクチャー:

  • Optimal Re-POT Sequenceのベンチテスト
    久米 輝善 (川崎医科大学)

コメンテーター:

  • 久米 輝善 (川崎医科大学)
  • 小松 宣夫 (太田綜合病院附属太田西ノ内病院)
  • 新家 俊郎 (昭和大学)
  • 沼澤 洋平 (足利赤十字病院)
  • 宮下 裕介 (長野赤十字病院)
  • 山田 愼一郎 (北播磨総合医療センター)
共催: アボット バスキュラー ジャパン株式会社

14:40-15:00

アフタヌーンセミナー
側枝閉塞リスクを加味した分岐部治療戦略
ーSASUKEを用いてー

座長:

  • 木下 順久 (豊橋ハートセンター)

演者:

  • 側枝閉塞リスクを加味した分岐部治療戦略
    ーSASUKEを用いてー

    髙木 健督 (大垣市民病院)
共催: 朝日インテックJセールス株式会社

15:00-16:30

第4部 ライブデモンストレーション

座長:

  • 華岡 慶一 (華岡青洲記念 心臓血管クリニック)
  • 挽地 裕 (佐賀大学)

オペレーター:

  • 岡村 誉之 (山口大学)

ミニレクチャー:

  • LM Bifurcation Stentingの現状と展望
    沼澤 洋平 (足利赤十字病院)

コメンテーター:

  • 岩﨑 清隆 (早稲田大学理工学術院)
  • 清野 義胤 (星総合病院)
  • 中尾 文昭 (山口県立総合医療センター)
  • 沼澤 洋平 (足利赤十字病院)
  • 山下 武廣 (北海道大野記念病院)
  • 山本 匡 (北海道循環器病院)
共催: ボストン・サイエンティフィック ジャパン株式会社

16:30-18:00

第5部 ライブデモンストレーション

座長:

  • 志手 淳也 (大阪府済生会中津病院)
  • 野口 祐一 (筑波メディカルセンター病院)

オペレーター:

  • 木下 順久 (豊橋ハートセンター)

ミニレクチャー:

  • 分岐部病変の治療戦略 ~Modified Jailed Balloon Technique~
    宍戸 晃基 (湘南鎌倉総合病院)

コメンテーター:

  • 宍戸 晃基 (湘南鎌倉総合病院)
  • 下地 顕一郎 (済生会宇都宮病院)
  • 髙木 健督 (大垣市民病院)
  • 名越 良治 (大阪府済生会中津病院)
  • 松浦 広英 (日本赤十字社福岡赤十字病院)
  • 山脇 理弘 (済生会横浜市東部病院)
共催: テルモ株式会社
7.20 [Sat]楓の間

14:40-15:25

ポスターセッション Ⅲ

グループ E

座長:

  • 鹿島 由史 (札幌心臓血管クリニック)
  • 山脇 理弘 (済生会横浜市東部病院)

E-1

  • 6Fガイドカテによる Jailed Corsair technique の標準化
    足立 太一 (栃木医療センター)

E-2

  • 89歳高齢女性の左前下行枝入口部病変に様々な工夫を重ねて PCI を行った一例
    小山田 和弘 (静岡赤十字病院)

E-3

  • 分岐部病変に対する Rescue Crush stenting が有用であった1例
    浅野 克明 (関西メディカル病院)

E-4

  • 冠動脈分岐部病変治療におけるグライダーバルーンとキッシングバルーンの急性期効果の比較
    田代 詳 (名古屋大学医学部附属病院)

E-5

  • 左主幹部に血栓を認めた急性冠症候群の1例
    米田 浩平 (徳島赤十字病院)

E-6

  • LAD #6~7 の PCI 中、#D1 入口部に留置していたステントストラットにWolverine cutting balloon が stuck してしまった1症例
    佐伯 秀幸 (済生会松山病院)

E-7

  • IMPELLA サポート下に LMT 石灰化病変に対して rotablator を施行した1例
    深川 知哉 (済生会横浜市東部病院)

E-8

  • 分岐部病変に対するシングルステント留置後の長期的な側枝への影響の検討
    板倉 良輔 (東京慈恵会医科大学附属病院)

E-9

  • Jailed balloon techniqueを交えたstaged PCIが有効であったLMT分岐部狭窄合併下壁STEMIの1例
    東方 利徳 (小松市民病院)